インタラクティブコンテンツに思うこと。

インタラクティブなコンテンツを見て思うこと。

●これはアートですね。
”みんなの力を合わせて創りあげよう!”的なもの。
センサーや携帯端末&ネットワークなど、様々なモノを使用して、ユーザーに参加させる。
個々の力は非力なものだけど、みんなが一丸となって現れたものは素晴らしい!

…という類のコンテンツは「アート」だと思います。
コンテンツ製作者の表現。その表現を完成させるためにみんなに協力してもらっている。

●面白い?
“面白いか”という点でこういったアートが一番おもしろく感じられるのは「製作者」だと思う。
参加した側は自分の力はちっぽけだ、という気分が強い。
「自分1人がいなくてもまあなんとかなってるよね」と思われた時点で、そういうもんだと思う。

「みんなで協力して私のアートを完成させてください」は、製作者側から体験するユーザー個々を見てない(見てもらってる気がしない)ものになってしまいがち。

勿論その作品が「アート」であれば何も言うまい。
しかし「みんなを楽しませるもの」とするならどうだろう。

●みんなが主役
「ちっぽけがいっぱい集まっておおきな力」は集める側や、第三者が漠然と見るのが面白い。
では参加者が面白いと思うのはなんだろうか。

「いっぱい集まってるけど俺が主役」
じゃないだろうか。

野球の(あまり詳しくないけど)中継やオーロラビジョンとかでたまに観客席が映る。
基本みんな注視はしないけれど、自分や知り合いが映ればそこにいる友人や家族に「ほらほら見て見て!!」とテンションが上がる事が多い。そのとき、その人は間違いなく「主役」を楽しんでいる。

参加者が楽しめる、という視点ではこれがポイントじゃないのだろうかと思う。
オーロラビジョンだと確率は低いけれど、それを体験した人がほぼ全員味わえるようなインタラクティブコンテンツを考えることが出来ればとても強力。

ゲームでも似たようなことを思う。
「遊んでる」「遊ばされてる」という差をどこで感じるか。
一本道でも遊んでる感を感じる作品だってある。自由なようで大仏の掌感漂う作品だってある。
それもやはりプレイヤーが楽しいのかの意識からくる差なのかもしれない。

無双みたいに「とにかく最強の俺」というのも1つの突破口。

自分が最強、という訳でもなく、あくまで全員対等なMMOやソーシャルゲームでも「俺は特別な何かがある」と感じさせるのはまたすごい。
第三者からみるとそれは見てても大して面白く無い。
そういう題材が漫画などで扱われると「そのゲーム通キャラ」は、とにかく世界最強だったり、対等でない扱いがされていたり、という事が多いと思う。

「誰を主役にするか」でデザインは変わってくると考える。

なんでもできる?

普段よくあることに、

「なんでもできる」キャラと、「1つしかできない」キャラに分けられる事があります。

 

で、大抵「なんでもできる」はすげーすげー言われながら、でも結局「1つしかできない」人のストイックさには負ける、という、そんな設定で見られます。

 

私はとりあえず色々手を出してみる人間なので、よく「なんでもできる」キャラにされます。それはそれで別に良いのですが、根本的に「どこからどこまでが1つなの?」というところは普段疑問に感じるところです。

 

例えば料理がめちゃくちゃ上手くて掃除洗濯が出来ない人。これは「料理だけはすげー出来る人」。

では料理掃除洗濯はバッチリだけど仕事とか出来ない人。これは「家事だけはすげー出来る人」。

 

じゃあ私も「好きなことだけはすげー出来る人」って感じの一点突破キャラじゃダメなの??と言えば、もう何も分かりません。

 

お絵かきを除いて、ほとんどのスキルは「音楽が作りたい」の派生です。

高校時代はとにかく音楽に触れる環境が欲しくて吹奏楽部に入り、トランペット吹いてチューバ吹いて、パーカッション叩いて。同時にDTMを始め。

大学時代は引き続き軽音楽部でドラム叩いてギター弾いてベース弾いて。

あとMIDIとかネットに公開したかったからHTML覚えたりFLASH覚えたり。

その後就職あたりから楽器そのものも興味が湧いたので電子工作でシンセもどきを作ってみたり。その流れでソフト上のあれこれも試してみたくなってその他プログラムを覚えたり。

転職後はプログラムをより覚えれば面白い音楽ツールが作れそうだと思ったり、そもそもプログラミングスキルを並行して身に付けることでサウンドデザイナーとしての被雇用も維持され。

 

家での曲作りの気分転換にお香炊いてみたり自転車乗っての空気やカメラで撮った写真からのイメージも良いし、車に乗れば家より大音量で音楽が聞ける。

 

…という一点突破です。ええ。

DAWが発達して色々な音楽制作の手法が出来た今、「ピアノと五線譜の記譜」だけが一点突破でもないなと。

料理の一点突破で包丁も使えるしフライパンも使える、味付けもできる、材料選定もできる=「なんでも出来る」とそこまではあまり言われないように。

 

しかし勿論音から外れれば外れるほど単なる趣味って成分も多いです。

まあでも「俺は音楽の為に努力してやってるんだぜ」より趣味感覚のほうが楽しいし大抵そうとしか考えずにやってます。

それが行き過ぎて「曲作りたいけど後回し」だけはやらないように、優先順位だけ設けてはいます。そうすればだらだら何も得られないはずだった時間だけが洗練されていくんじゃないかな、と思います。

まあ下手くそなギターに悔しくなって曲作りそっちのけで弾いてたりもよくありますが笑

 

ただし絵だけは別で、音をやるぞー!と一念発起する前にやってた趣味なので独立してます。中高でフェードアウトして、めっきり向上心が無くなったお絵かきですが、これはこれで良いものです。盆栽みたいなものです。

2013040930

incense

4月9日で30歳になってしまいました。
早いですね。

ということで4/8の23時40分くらいに出来上がった曲。
Last29

7日になんとなく作り始め、特に「自分の20代集大成だ!」みたいな気負いもなく。
楽曲的に悪くない感じがしたので8日も引き続き作業した結果ギリギリ出来上がったのが20代ラスト20分だった、という感じです。

その為か、ドラムは入ってないしシンセも無し。滅多に使わないオーボエやバスーンなんかも入ってます。
そこら辺の音の乗せ方はFF7辺りの体験からくるものがあります。おおう寧ろ10代だ。

もっと音を粒々で作ろうとも考えてましたが、バイオリンのレガートは気持ち良いもので、ついつい音を伸ばしてしまった結果がこれです。粒々成分は主にピアノとマリンバに名残があります。
コード進行も、一部あーでもないこーでもないと試行錯誤して今の状態に。ナチュラル感と浮遊感、安定感と違和感をもっと良い塩梅に出せるようになりたいです。

20代最後の曲。全部の要素を詰め込めばそれが集大成かというとそれもまた1理はあるけれど、多分の今回のように「これまでの経験やスキルを問わず、今やりたいことをやってボソッとネットで公開する」というスタイルで作るということもまた自分の集大成と思います。10代の頃よりも我が道でやれた気がします。

個人的にネットでの公開は、安定感とかブランド力とかの維持なんて気にせず、微妙なものから公開しまくるというスタンス。いや自分自身は公開する直前は「俺最強!」と思ってる訳だけど。要はその後「ちょっと落ち着けよ」というブレーキをかけない。
そういうのは商業なり同人なりで「作品」としてデザインするときだけでいいかなと。

こうやってネット上には私の黒歴史が次々生産されていくわけです。
でも過去作品を改めて見て黒歴史だと思わないのもちょっとショックを受けるものです。「うわ、この頃の方が面白いもの作ってるじゃん」というのは堪える。

だらだら書きましたが、30代もまあ縛らずに自由ににやっていこうと思います。同時に勉強量も練習量も増やしたいと思ってます。


誕生日プレゼントは新しい香立てを買いました。今までは竹を半分に割ったようなやつを使ってましたが、憧れのボックスタイプを買ってみました。
見栄えはいいです。部屋のアクセントが増えました。
ただ香を挿す穴が真横を向いてて、香を挿すと底に当たります。こんなもんなのかなと思って使ってみたら途中で火が消えた。
即席の支えをこしらえて斜め上に立つようにしましたが、ここらへんの設計の緩さはなんとも言えませんね。

旧香立ては主に風呂で使ってます。

視点の固定化と自由化

twitterで流れてきたのを見て考えたこと

間違えやすい「エレベーターの開閉ボタン」をJAYPEGでデザイナーたちがリデザインしてみた

様々なデザイン案があがってて面白い。
何より安全面考慮の観点からか、積極的に「開く」ボタンを大きくしてるアイデアが多く、なるほどなーと思った。
こういうUIデザインの場合、奇を衒うよりこういうふうに「ちょっと考えたらこうなった」の結果がベストなのだろう。
多くの人が思いつく=多くの人がそう思う でしょうし。

ただ「エレベータのボタン」に限っていえば、未だに開閉ボタンがある事自体が疑問。
そもそも要らないんじゃない?と思ってしまう。
自動ドア程度のセンサーと、加えて内側外側範囲の設定や開閉時間、センサー感度等のエレベータ専用チューニング施せば、自動化しつつ、かつ開きっぱなしでタイムロスというのもそんなに出ないのではないでしょうか。

ドアにも照明にもセンサーがついてるというのに、エレベータは人がいても閉ボタンを押したら問答無用で閉まる仕様が未だに残ってるのはどうかなと。
実際、開いてから入るまでやや時間を要した場合(エレベータの5m程手前で丁度入れ違いの人が来てエレベータが開いたというような状況)、そのまま突っ込むにはちょっと怖いんですよね。

と、いうように、まず「開閉ボタン不要論」派なのですが、これが絶対とは思いません。といいますより、微妙に水を注すだけの意見じゃないかとも思います。

私が一番微妙だと思う考え方は、こういう「そもそもの前提がおかしくない?」という”逆転の発想”系を至上主義としてしまうところ。
これがベストなのは時と場合による。

逆転の発想系も、あくまで1つのデザイン論であって正解ではなく。ただ、やたら偉そうでドヤ顔で言ってしまうんですよね。
例えば、これが「開閉ボタン必須」という条件に固定してデザイン案を議論する場面であれば、勉強として非常に有効でエレベータ以外でボタン必須の状況が出た時に役立つ知識となります。

そして今回の場合は、ボタンをなくす代わりに新たにセンサーの追加という項目ができるので、1からのエレベータデザインしなおさなくてはならず多大なコストがかかり、また既存製品の改造はボタンのデザインを変えるだけに比べて非常に困難です。

視点を変える手法というのは大切ではあるけれど変えてからのアイデアが既に別物になってることも多いです。
いくらカメラを下げて視野を広げても、論点はフラクタルのようにあって。
例えば「そもそもボタン要らなくね?」からさらに視野を広げたら「そもそも今のエレベータて効率悪くね?」とも考えられます。
複数階の人間を1つの箱で行ったり来たりさせて運ぶのは、エスカレータに比べてロスがでかいと思います。

しかしボタンのデザインについて皆で考えてる時に「そもそもエレベータ自体無駄なんだよ!」と言う人間が面白いかというと、微妙です。ボタンのデザインと同時に、また別の所で新しい道具を研究するべきなのだと思います。

そんな訳で、考えのレンズは広角からマクロレンズまで、特徴を理解して使いわけていかないとなと考える次第です。

発想>技術>道具

画像現在jqueryを色々実験中。

「jQueryCollapse」なるプラグインでコンテンツを折りたためるようにして、縦長で煩わしくなってる音楽ページをすっきりさせようとしてます。

とりあえず最低限の動きはするものの、ふわっと動かそうとしたらうまくいかない。

そもそも、オプションとして設定する項目が全く反映されず、強制的にデフォルト設定だとタグで明示しないと動きすらしないという状況。

各種サンプルページのソースを丸ごとコピペしても動かない。プラグインのパスも合わせたし、デフォルト設定なら動くからそこは間違ってないと思う。

新しく作り直してる音楽プレイヤーも怪しい。機能・動作はまだ調整中だからいいとして、IEで開くとブラウザごとフリーズするのはひどすぎる。

多方位から問題が山積みで困ったもんです。

技術不足です。

何かモノを作る際、まずほとんどの場合道具を使うわけですが、PCで作るなら専用アプリケーション、料理なら包丁や鍋、音楽なら楽器を使いますが、これの使い方でまず躓く。

次に自分の技術力が足りなくて躓く。プログラミングが分からない、包丁を上手く扱えない、楽器が上手く演奏できない。

思うにこの2箇所は、基本的には上達すればプラスになるってもんじゃない気がします。いかに最大値の1まで近づけるか、そんな類のものに感じます。

悩むべきは発想。面白いものを思いついて、それを実現する。

発想に技術と道具の係数をかけて、どれだけ発想がそのまま劣化せずに出力できるか、というもののように思えます。

なので、「思いついたのに実現できない」という状況はかなり悔しい。スタートラインに立ててない感じがして、本当に悔しいのです。

日々精進、ですね。

家と照明

476690_1798834844_43large

 

 

引っ越して以来、家の演出についてあれこれ考えるようになりました。

スペースの余裕というのは大事です。

毎週土曜日には片付けと掃除し、基本掃除機がけ+一部ぞうきんがけを続けております。

色々飾るのも楽しいです。上写真から振り向いたらこんな感じ。

476690_1808418940_12large

家具サイトを見るのも楽しくて、今はパーティションとソファを見ては妄想しております。

パーティションはともかく、ソファはでかいし後々の処分や引越しもめんどくさそうだし、貴重な余裕あるスペースを食いつぶすのもなあと、どうも買うのはためらってしまいます。

パーティションはいい感じなのはあるので欲しいのですが、程よく高くてまだ手が出ません。

照明はやや不満があるものの、生活は問題なくできる程度になってます。

布団で本読むにはちょっと当たるライトがなくて暗い。

いい具合に間接照明の数が揃ってきましたが、今度は電気代が怖くなってきました。

40W×5個

25W×3個

=275Wは少し食いすぎです。PC側と居間側で分割はしてますが、ケチケチつけるのも面白くありません。

という訳で少しずつLED&蛍光灯化してます。

40Wの照明は蛍光灯に置き換えてます。およそ8Wになります。

電気屋でTOSHIBA製で1000円程度。2個ほど替えました。点けてからまともに明るくなるまでに1分くらいかかりますが、不満はありません。ただし全てを蛍光灯化したら部屋がなかなか明るくならないので辛いかもしれません。

サイズはこれまでの白熱球が平べったく”ろうと”のような形状だったのに比べてまん丸。

先が出っ張ってしまうのでややスポット効果は下がってしまうかもしれません。

DSC_0317

LEDはいまのところ25Wを1つだけ交換しました。LEDは3000円以上するイメージでしたが、電気屋でEUPA製が580円でした。

これで25W→4.4Wとなります。

安かったのはいいのですが、電球色を選んだにも関わらず、かなり白い明かりでした。

LEDの電球色は後付けのためかメーカー毎にかなり違いがあるようです。比較してるサイトもあるので参考にはなるのですが、いかんせん比較されてる大手メーカーのものは高くて、今のところ選択肢がないなあという状況です。でもネットで買えば40Wでも1500円くらいのがあるようですね。

とりあえず40Wを替えるほうが効果が高いので後回しにしてます。

さて今現在の消費電力は

8W×2

40W×3

4.4W×1

25W×2

=190.4Wとなってます。およそ80Wの削減。月額でおよそ300円程度安くなります。

交換に2500円かかったので大体8ヶ月くらいで元がとれそうです。寿命の差を考えるともっと得だと思われます。

部屋のディスプレイや照明はなかなか面白いので色々試してみたいと思います。