インタラクティブコンテンツに思うこと。

インタラクティブなコンテンツを見て思うこと。

●これはアートですね。
”みんなの力を合わせて創りあげよう!”的なもの。
センサーや携帯端末&ネットワークなど、様々なモノを使用して、ユーザーに参加させる。
個々の力は非力なものだけど、みんなが一丸となって現れたものは素晴らしい!

…という類のコンテンツは「アート」だと思います。
コンテンツ製作者の表現。その表現を完成させるためにみんなに協力してもらっている。

●面白い?
“面白いか”という点でこういったアートが一番おもしろく感じられるのは「製作者」だと思う。
参加した側は自分の力はちっぽけだ、という気分が強い。
「自分1人がいなくてもまあなんとかなってるよね」と思われた時点で、そういうもんだと思う。

「みんなで協力して私のアートを完成させてください」は、製作者側から体験するユーザー個々を見てない(見てもらってる気がしない)ものになってしまいがち。

勿論その作品が「アート」であれば何も言うまい。
しかし「みんなを楽しませるもの」とするならどうだろう。

●みんなが主役
「ちっぽけがいっぱい集まっておおきな力」は集める側や、第三者が漠然と見るのが面白い。
では参加者が面白いと思うのはなんだろうか。

「いっぱい集まってるけど俺が主役」
じゃないだろうか。

野球の(あまり詳しくないけど)中継やオーロラビジョンとかでたまに観客席が映る。
基本みんな注視はしないけれど、自分や知り合いが映ればそこにいる友人や家族に「ほらほら見て見て!!」とテンションが上がる事が多い。そのとき、その人は間違いなく「主役」を楽しんでいる。

参加者が楽しめる、という視点ではこれがポイントじゃないのだろうかと思う。
オーロラビジョンだと確率は低いけれど、それを体験した人がほぼ全員味わえるようなインタラクティブコンテンツを考えることが出来ればとても強力。

ゲームでも似たようなことを思う。
「遊んでる」「遊ばされてる」という差をどこで感じるか。
一本道でも遊んでる感を感じる作品だってある。自由なようで大仏の掌感漂う作品だってある。
それもやはりプレイヤーが楽しいのかの意識からくる差なのかもしれない。

無双みたいに「とにかく最強の俺」というのも1つの突破口。

自分が最強、という訳でもなく、あくまで全員対等なMMOやソーシャルゲームでも「俺は特別な何かがある」と感じさせるのはまたすごい。
第三者からみるとそれは見てても大して面白く無い。
そういう題材が漫画などで扱われると「そのゲーム通キャラ」は、とにかく世界最強だったり、対等でない扱いがされていたり、という事が多いと思う。

「誰を主役にするか」でデザインは変わってくると考える。

竹原巡り

SDIM0333

 

11/2に竹原行ってきました。夕方から広島でたまゆら音楽祭だったので、朝一からひらくカーで竹原へ。

写真は↓のページにて。

http://pocomo.skr.jp/photo/takehara2013/index.cgi

良さげなアングルで写真を撮るとたまゆらの1シーンそのものの写真だったりして面白いです。

すっかり忘れてて、後で見て「ここじゃん!」となります。

 

ちょっとミスだったのは室内でISO200にして、屋外でも200にしっぱなしだったこと。

DP2でISOをオートにすると100か200で切り替わるのですが、普段カメラを固定して撮る事が多いので100に固定してまして。

その流れていちいち切り替えようとしてましたがよく考えたら今回の場合はオートにしておけば良かったです。

あとなぜか最後の10枚程はRAWでなくJPGになってて、ショボーンな写真になっちゃってました。幸い惜しいショットなどなかったのでボツ。

 

初代DP2を使い続けて4年。いつも大活躍してくれていますが、最近はいい加減merrillのシリーズに食指が動いてきてます。広角が欲しいのでDP1merrillが最有力なんですが、レンズの良さはDP2merrillが上のようです。ボケも生きますし、画角も総合的に使いやすいのはDP2なんですよね…携帯のカメラは広角気味なんで何か撮って即アップ、という使い方に合ってて便利。でもスナップ写真をじっくり撮るときは45mmが気持よく撮れます。

DP2m買って中古でDP1sでも…とかも考えたりしますが、次世代DPで2に戻るとして、今回は1がいいかな、というのが今のとこ一番の狙いです。

DP3mは、すげーアツいなとは思いますが、これ一台で歩きまわるのは漢もいいところです。

使いこなせる自信がまだありませぬ。

なんでもできる?

普段よくあることに、

「なんでもできる」キャラと、「1つしかできない」キャラに分けられる事があります。

 

で、大抵「なんでもできる」はすげーすげー言われながら、でも結局「1つしかできない」人のストイックさには負ける、という、そんな設定で見られます。

 

私はとりあえず色々手を出してみる人間なので、よく「なんでもできる」キャラにされます。それはそれで別に良いのですが、根本的に「どこからどこまでが1つなの?」というところは普段疑問に感じるところです。

 

例えば料理がめちゃくちゃ上手くて掃除洗濯が出来ない人。これは「料理だけはすげー出来る人」。

では料理掃除洗濯はバッチリだけど仕事とか出来ない人。これは「家事だけはすげー出来る人」。

 

じゃあ私も「好きなことだけはすげー出来る人」って感じの一点突破キャラじゃダメなの??と言えば、もう何も分かりません。

 

お絵かきを除いて、ほとんどのスキルは「音楽が作りたい」の派生です。

高校時代はとにかく音楽に触れる環境が欲しくて吹奏楽部に入り、トランペット吹いてチューバ吹いて、パーカッション叩いて。同時にDTMを始め。

大学時代は引き続き軽音楽部でドラム叩いてギター弾いてベース弾いて。

あとMIDIとかネットに公開したかったからHTML覚えたりFLASH覚えたり。

その後就職あたりから楽器そのものも興味が湧いたので電子工作でシンセもどきを作ってみたり。その流れでソフト上のあれこれも試してみたくなってその他プログラムを覚えたり。

転職後はプログラムをより覚えれば面白い音楽ツールが作れそうだと思ったり、そもそもプログラミングスキルを並行して身に付けることでサウンドデザイナーとしての被雇用も維持され。

 

家での曲作りの気分転換にお香炊いてみたり自転車乗っての空気やカメラで撮った写真からのイメージも良いし、車に乗れば家より大音量で音楽が聞ける。

 

…という一点突破です。ええ。

DAWが発達して色々な音楽制作の手法が出来た今、「ピアノと五線譜の記譜」だけが一点突破でもないなと。

料理の一点突破で包丁も使えるしフライパンも使える、味付けもできる、材料選定もできる=「なんでも出来る」とそこまではあまり言われないように。

 

しかし勿論音から外れれば外れるほど単なる趣味って成分も多いです。

まあでも「俺は音楽の為に努力してやってるんだぜ」より趣味感覚のほうが楽しいし大抵そうとしか考えずにやってます。

それが行き過ぎて「曲作りたいけど後回し」だけはやらないように、優先順位だけ設けてはいます。そうすればだらだら何も得られないはずだった時間だけが洗練されていくんじゃないかな、と思います。

まあ下手くそなギターに悔しくなって曲作りそっちのけで弾いてたりもよくありますが笑

 

ただし絵だけは別で、音をやるぞー!と一念発起する前にやってた趣味なので独立してます。中高でフェードアウトして、めっきり向上心が無くなったお絵かきですが、これはこれで良いものです。盆栽みたいなものです。

ジョブチェンジ

せめての月一更新。

7月末に転職が決まり、8月からバタバタしておりました。

色々と大変でしたよもう。。大分→福岡となったので、入社・退職関連のやりとりや手続きをしつつ引っ越しもなのでぐったりでした。果てに転出届を忘れててめんどうなことに。

9月からの新職場、新居ともにだいぶ慣れてきました。

あとは今月末の各種支払と、来月上旬の給与、更に来月支払いまで進めば完全に落ち着くかと。

晴れて基板設計屋からサウンドデザイナー兼プログラマーとなりました。

引き続きどうぞよろしくお願いします。

佐賀関へ行ってきた2013

214_1814214_1812

214_1813

日曜日に佐賀関へ行って来ました。

そろそろ自転車に乗りたいなーと思ったのが日曜朝4時頃。

土曜日に早寝した為早起き。

予定が特になかったのでそのまま自転車の空気を入れたり簡易的にチェックし、6時前くらいに家を出ました。

214_1810

別大道路に入るあたりの写真。既に日が昇ってきてます。

話は戻りますが、佐賀関へ自転車で行くのはここ4年で3回目になります。

特に目的はありません。関サバ・関アジは食べてみたいですが、軽装の為財布は持たず、ポケットに700円程突っ込んでるだけ。(緊急時を考えるとあまりよくない)

まあ、よくよく考えると財布を持ってても関サバ関アジを食べられるほど中身が入っておりません。早朝だから店は開いてないし。

それでもなぜ佐賀関かというと、道が平坦で走りやすいからです。

我が家は別府の真ん中辺りですが、そこから向かうとすると

・国東、大分空港方面

・10号線北 中津方面

・西 湯布院方面

・10号線南 大分→延岡方面

・東 佐賀関方面

がありますが、最も起伏が少ないのが佐賀関ルートです。

且つ広くて交通量の少ない直進の道路が多く、国東方面よりも安全に走れます。

重工業地帯だから道路はでかいのですが土日は少ない、というのがあるからでしょうかね。

214_1827

別大道路が整備されてから、しっかりとした歩道&自転車道も設置され、心地よく走ることができます。写真は大分→別府方向。

以前は工事中で一部車道を走らざるを得なかったのですが、この道、80km/hはおろか100km/hもざら、ともすれば120km/hくらい出してるんじゃないかという車さえありまして、そんな大型トラックとスレスレで走った時にはもう恐怖でしかありませんでした。

今はすっかり走りやすい道となり、ジョギングされてる人やロードバイクの人、また競技用の車椅子の人ともすれ違う道路となってます。

その後大分市内では海沿いの新日鐵等が並ぶ工業地帯を走ります。

214_1811214_1823

こんな感じの真っ直ぐで開けた道を走るので気持ちが良いです。

日曜早朝は車や人もほとんど通りません。

しばらく走り、我が家から30km程で海に突き当たり、ちょっとした漁場や堤防横、砂浜沿いを走ることができます。またサイクリングロードもちょこちょこあります。

214_1817

この日は風がかなり強くて道まで波しぶきが。海水怖いので急いで写真撮影。

214_1819

海。

214_1822

道路先にはちょこっと砂浜があるのですが、この角度で撮ると砂浜が見えないのでちょっと面白いですね。

開放感あります。

佐賀関に入った直後、やや車幅が狭くて起伏もある道があってそこが一番大変だったのですが、なんとトンネルができてました。山が苦手はヘタレの私には有難いことです。

そして佐賀関のいつも写真を撮るスポット(一番上の写真)に着いたとき、走行距離は38km程。

以前日出に住んでいたときはこの時点で47km程だったので、更に追加で3kmほど走って往復100kmにしてましたが、この38kmは微妙だったのでそのまま引き返しました。

結局往復で81.9km走りました。

誤算は服装。うっかりジョギングと同じ感覚でTシャツ+ジャージで挑んだらものすごく寒かったです。日が昇るまで我慢…と思うも、昇ってもまだ寒い。

それとフロントブレーキがやや不調で、パッド等をちょこちょこ微調整しながら走ることになってしまいました。帰って見て見てると、片側のパッドがかなり減ってて、キャリパー本体とディスクローター間がぎりぎり。力の加え具合によって干渉してたようです。

パッド交換しなくちゃ。

2013040930

incense

4月9日で30歳になってしまいました。
早いですね。

ということで4/8の23時40分くらいに出来上がった曲。
Last29

7日になんとなく作り始め、特に「自分の20代集大成だ!」みたいな気負いもなく。
楽曲的に悪くない感じがしたので8日も引き続き作業した結果ギリギリ出来上がったのが20代ラスト20分だった、という感じです。

その為か、ドラムは入ってないしシンセも無し。滅多に使わないオーボエやバスーンなんかも入ってます。
そこら辺の音の乗せ方はFF7辺りの体験からくるものがあります。おおう寧ろ10代だ。

もっと音を粒々で作ろうとも考えてましたが、バイオリンのレガートは気持ち良いもので、ついつい音を伸ばしてしまった結果がこれです。粒々成分は主にピアノとマリンバに名残があります。
コード進行も、一部あーでもないこーでもないと試行錯誤して今の状態に。ナチュラル感と浮遊感、安定感と違和感をもっと良い塩梅に出せるようになりたいです。

20代最後の曲。全部の要素を詰め込めばそれが集大成かというとそれもまた1理はあるけれど、多分の今回のように「これまでの経験やスキルを問わず、今やりたいことをやってボソッとネットで公開する」というスタイルで作るということもまた自分の集大成と思います。10代の頃よりも我が道でやれた気がします。

個人的にネットでの公開は、安定感とかブランド力とかの維持なんて気にせず、微妙なものから公開しまくるというスタンス。いや自分自身は公開する直前は「俺最強!」と思ってる訳だけど。要はその後「ちょっと落ち着けよ」というブレーキをかけない。
そういうのは商業なり同人なりで「作品」としてデザインするときだけでいいかなと。

こうやってネット上には私の黒歴史が次々生産されていくわけです。
でも過去作品を改めて見て黒歴史だと思わないのもちょっとショックを受けるものです。「うわ、この頃の方が面白いもの作ってるじゃん」というのは堪える。

だらだら書きましたが、30代もまあ縛らずに自由ににやっていこうと思います。同時に勉強量も練習量も増やしたいと思ってます。


誕生日プレゼントは新しい香立てを買いました。今までは竹を半分に割ったようなやつを使ってましたが、憧れのボックスタイプを買ってみました。
見栄えはいいです。部屋のアクセントが増えました。
ただ香を挿す穴が真横を向いてて、香を挿すと底に当たります。こんなもんなのかなと思って使ってみたら途中で火が消えた。
即席の支えをこしらえて斜め上に立つようにしましたが、ここらへんの設計の緩さはなんとも言えませんね。

旧香立ては主に風呂で使ってます。

Jogging

ジョギングを初めて結構経ちます。
1年半くらいだと思いますがあまり覚えてません。

たまに1,2ヶ月くらいサボることもあるのですが、運動不足感に耐えられずまた始める、という感じでぼちぼち続いております。

走りはじめた頃、2km走るのも辛くて、時間で言えば20分程度でバテてました。
コースがやや坂だったのもありますが、本当にきつかった。

そのうち慣れてきて、大体5~7kmを休みながら走れるようになり、気付けばそれくらいの距離なら休まず走り続けることができるようになってました。
いつも携帯の万歩計を励みにして走ってました。

最近NIKEのRunningアプリを導入してみました。
一定距離毎に音声でタイムを教えてくれるので、今何km走ったかが分かり今までより目標が明確になりました。

やる気にブーストがかかって、10km走ることができるようになりました。
http://t.co/AWWVW8A9

1km間でかかった時間と平均時間をアナウンスしてくれるのですが、これも憎いほどやる気を出させてくれるシステムで、やや飛ばし気味になってジョギングがランニングに近くなってしまいます。
10km走ると、丁度1時間前後のタイムが出るのでなんとか1時間切りたいとちょっと無理して、昨晩ようやく達成しました。
しかし私にはまだちょっと無理がでてるタイムなので、一度落ち着こうと思います。もう少し走り慣れて、自然とタイムが縮むようにしたい。

私の近所は南北に走れば平坦、東西に走れば坂の土地なので、道によっても負担とタイムが大きく変わります。坂は本当に辛い。

ジョギングのお供にはずっとウェブラジオを聞いてます。
あのラジ、YAMAKING、侵略ラジオ、ひだまりラジオ、あすみさん@がんばらない と、色々聴いてきました。音楽だと1曲で結構走ったようで4分経ってなかったりして、結構時間経過がゆっくりに感じられるのでラジオの方が性に合ってるようです。

30歳も近くなり、普通に生きて普通に食事をしてるとそれだけで運動不足で体力低下、体重増加につながるようになりまして、意図して行動しないと維持できないなと実感する毎日です。