MTAT論争

MTのGTOに乗って4ヶ月。
これまでのATと較べてどう違う?ってのをまとめてみます。

・意味もなく運転したくなる
・そのせいでガソリン代がかかる

以上です。違いはそれくらいです。

ATの良い所は
・メーカーがAT用に作った車は、ATが良い
というところです。

MTの良い所は
・メーカーがMT用に作った車は、MTが良い
というところです。

ATの悪い所は
・その存在が、MT信者の性格をねじ曲げる。および信者を生んで無益な争いを始める

で、
MTの悪い所は
・その存在が、AT信者の性格をねじ曲げる。および信者を生んで無益な争いを始める

です。

選択肢が提示されてるのに、自分の支持しない製品を叩いてしまう、そんな謎な感情を刺激してしまうのが問題点です。

古いスポーツカーで、大馬力車の4速ATと6速MTはどっちが優れてるか、と言ったら8割MTが良いでしょう。
最新のシティーコミューターで5速MTと7速ATがあり、荷物運び専用とするならATが優れてるはずです。

日本でATが流行り、CVTが流行るのは燃費が第一だからで、「車は人と荷物を運ぶもの」という定義付けしているユーザーが多いからだと思います。9割その考えの人がいれば、9割以上はAT/CVTになると。(ただしMTに対して1:9の9倍優れてるという訳ではない)

で、その考えの人をサポートする形でメーカーもガンガン低燃費、楽、荷物が沢山乗る、を推していって。
で、そのスパイラルの先に自動運転があって、何もせずに超楽に移動が出来るようになったら、自動運転のタクシーとバスが格安で走るようになって、やたらと維持費のかかる自家用車は日本の路上からはなくなるんじゃないでしょうか。

法的に人間の運転が許されているなら、運転楽しむ派だけが残って、市場は残った1割が再びメジャーな存在に浮上するのでは。ただし相対的にですが。

と、極論ではありますが、AT,MTの相互けなしあいしてるのは苦手だなーと思っただけです。せめて褒め合いしようぜ。

広告

SUPER GT観戦に行って来ました。

画像

9/30に日田のオートポリスへ行き、SUPER GTの第7戦決勝を観戦してきました。

サーキット場に行くのは初めて右も左も分からない状況でしたが、後輩と右往左往しながらも無事楽しむことができました。

台風が近づいたり、霧がひどかったりと色々悩ましいことだらけでしたが、決勝は無事行われてなにより。

普段TVでしかみたことなく、TVの方が各コーナーも見れるし順位分かりやすいし実況も聴きやすいし、はたして生で見る必要はあるのかなーと思ってましたが、それは間違いでした。

実車の迫力はすさまじいものがありました。ものすごいスピード&エギゾースト音に圧倒され興奮しっぱなしでした。

このパワーの違いは録音音源とライブとそっくりです。

一昔前、GT選手権だった頃はちょくちょくTVで見てたのですが、名前がSUPER GTになる前後、SUPRAからLexus SC430に変わり全く見なくなってしまってました。元々SUPRAが好きで見てた為です。

その後GSRが初音ミクカラーで出場したのは一時期話題でしたが私は特に食いつかず。

結局今年イカ娘にハマって、そういやイカ娘フェラーリが出てるじゃんって思い出した為また見るようになりました。

PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリです。

やはり応援したい存在がないと興味は薄れるものですね。

しかし今年のイカちゃんはトップ争いには絡めそうにありません。少しさびしいです。

今回のAP戦も、堅実な走りでリタイアもなく9位着と最後まで楽しませてもらうことができましたが、応援しててヒリヒリする感じがないのはちょっと物足りない気もします。

GT300はASPEEDのアストンとs-roadのGT-Rが強いです。ランボルギーニ勢も中堅をしっかり固めてました。

そういえばランボの実車は初めて見た気がします。フェラーリはたまに町中でも見れますが、ランボは今までありませんでした。

直線基調デザインが好きな私にとっては最高のメーカーですので、今回はランボが見れることでも非常に嬉しいイベントでした。

GT500はといいますと、SUPRAもNSXも出ない現状特に応援するチームもなく紙一枚挟んだ距離で見てますが、それでも生はやっぱり違いました。GT300が物足りなく感じるくらいのスピードと音。やっぱりすごいです。

各車、各チーム毎にエギゾースト音も全然違い、好きな音が来るとワクワクしました。比較的低い音が好きです。

これは時間さえあれば毎年行きたいなと思いました。年1回が丁度良い感じ。

SUPER GT全体の初体験での感想は、雨を除けば非常に楽しみやすいイベントだと思いました。

どうもイベントといえばコミケの極端に過酷なイメージが植え付けられるので麻痺してるのかもしれませんが。。

朝は特に混んでることなくスムーズに駐車でき、帰りは流石に混みましたが盆のラッシュのように全く動かない、という絶望感もなくまあまあ想定内で帰ることができました。

会場内は各種イベントもあり、クルマ好き、もしくはRQ好きも楽しめると思います。

ピットウォークも賑わいつつも混んでる印象ではなく、撮りたい車やRQはサクッと撮れる程度で。

これもオートポリス&雨の影響かもしれません。鈴鹿戦とかは激混みだったりするのかな?

グッズは結構な値段でしたが食べ物飲み物は良心的価格、寧ろ町中で食べるより安い程で、コンビニレベルの価格帯でした。

あとカメラ好きも楽しめますよね。走ってる車を撮る技術はかなりすごいと思いました。

かなりの枚数撮らないとつらそうです。

普段単焦点カメラでも近づけばどうにでもなりましたが、今回はカメラの限界を感じました。

近づけないものは近づけない。

しかし次は今よりも広角のDP1 Merrillを狙ってるので、サーキットの撮影は暫く難儀しそうです。

画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像画像

GT-A

今の車も買って早1年半が経とうとしてます。

およそ22,000kmほど走りました。大きな故障はしてません。

エンジンスターター&ターボタイマーの故障や軋み音、キズ・凹みの増加と、少しずつしかし確実に経年劣化は感じます。

なんたって今総走行距離は120,000kmですからね。。

 

しかし車としての部分は特に異常もなくパワフルに走ってくれております。

おそらくスラッジが貯まってたりプラグが劣化してたり、要所要所でパワーダウンはしてるのだろうけど…まだまだパワーは有り余ってます。

駆動系のオイルやバッテリー、LLC交換とか、プラグ交換とか、余裕があれば一気にしてすっきりさせたいところですがいかんせん財布は乏しいまま。

ほぼ100%毎日1度は乗ってて、乗らないのは出張や車以外での旅行時くらいです。しかし今でも楽しい車です。好きな車はこんなにも楽しさは違うんだなあ。

別にナビとか各種設備が楽しい訳でもなく、みんなでワイワイドライブできるから、というのでもなく、ただアクセルを踏んで加速し、ブレーキで減速、ハンドル切って曲がる、という行為が楽しくてしかたありません。

ランエボはつまらない、AT車はつまらない、色々文句いわれそうな成分たっぷりですが、どう考えても楽しいから仕方ない。これはつまらない人間の方がレベルが高いのか、十分楽しめる人間がレベルが高いのか、そういうものでもないんじゃないかなあと思います。

多分私が損しにくい性格なだけ。

 

車を実用性だけで考えれば損しかしない車ですが、移動時間を趣味の時間とすれば実用性に+趣味代払ってるようなもので、対価は得られてます。

 

毎月ちまちまとローンを払って、今ようやく1/3は超えたかな、というところ。

早く払い終わってすっきりしたいです。

 

おしまい。