佐賀関へ行ってきた2013

214_1814214_1812

214_1813

日曜日に佐賀関へ行って来ました。

そろそろ自転車に乗りたいなーと思ったのが日曜朝4時頃。

土曜日に早寝した為早起き。

予定が特になかったのでそのまま自転車の空気を入れたり簡易的にチェックし、6時前くらいに家を出ました。

214_1810

別大道路に入るあたりの写真。既に日が昇ってきてます。

話は戻りますが、佐賀関へ自転車で行くのはここ4年で3回目になります。

特に目的はありません。関サバ・関アジは食べてみたいですが、軽装の為財布は持たず、ポケットに700円程突っ込んでるだけ。(緊急時を考えるとあまりよくない)

まあ、よくよく考えると財布を持ってても関サバ関アジを食べられるほど中身が入っておりません。早朝だから店は開いてないし。

それでもなぜ佐賀関かというと、道が平坦で走りやすいからです。

我が家は別府の真ん中辺りですが、そこから向かうとすると

・国東、大分空港方面

・10号線北 中津方面

・西 湯布院方面

・10号線南 大分→延岡方面

・東 佐賀関方面

がありますが、最も起伏が少ないのが佐賀関ルートです。

且つ広くて交通量の少ない直進の道路が多く、国東方面よりも安全に走れます。

重工業地帯だから道路はでかいのですが土日は少ない、というのがあるからでしょうかね。

214_1827

別大道路が整備されてから、しっかりとした歩道&自転車道も設置され、心地よく走ることができます。写真は大分→別府方向。

以前は工事中で一部車道を走らざるを得なかったのですが、この道、80km/hはおろか100km/hもざら、ともすれば120km/hくらい出してるんじゃないかという車さえありまして、そんな大型トラックとスレスレで走った時にはもう恐怖でしかありませんでした。

今はすっかり走りやすい道となり、ジョギングされてる人やロードバイクの人、また競技用の車椅子の人ともすれ違う道路となってます。

その後大分市内では海沿いの新日鐵等が並ぶ工業地帯を走ります。

214_1811214_1823

こんな感じの真っ直ぐで開けた道を走るので気持ちが良いです。

日曜早朝は車や人もほとんど通りません。

しばらく走り、我が家から30km程で海に突き当たり、ちょっとした漁場や堤防横、砂浜沿いを走ることができます。またサイクリングロードもちょこちょこあります。

214_1817

この日は風がかなり強くて道まで波しぶきが。海水怖いので急いで写真撮影。

214_1819

海。

214_1822

道路先にはちょこっと砂浜があるのですが、この角度で撮ると砂浜が見えないのでちょっと面白いですね。

開放感あります。

佐賀関に入った直後、やや車幅が狭くて起伏もある道があってそこが一番大変だったのですが、なんとトンネルができてました。山が苦手はヘタレの私には有難いことです。

そして佐賀関のいつも写真を撮るスポット(一番上の写真)に着いたとき、走行距離は38km程。

以前日出に住んでいたときはこの時点で47km程だったので、更に追加で3kmほど走って往復100kmにしてましたが、この38kmは微妙だったのでそのまま引き返しました。

結局往復で81.9km走りました。

誤算は服装。うっかりジョギングと同じ感覚でTシャツ+ジャージで挑んだらものすごく寒かったです。日が昇るまで我慢…と思うも、昇ってもまだ寒い。

それとフロントブレーキがやや不調で、パッド等をちょこちょこ微調整しながら走ることになってしまいました。帰って見て見てると、片側のパッドがかなり減ってて、キャリパー本体とディスクローター間がぎりぎり。力の加え具合によって干渉してたようです。

パッド交換しなくちゃ。

広告

2013040930

incense

4月9日で30歳になってしまいました。
早いですね。

ということで4/8の23時40分くらいに出来上がった曲。
Last29

7日になんとなく作り始め、特に「自分の20代集大成だ!」みたいな気負いもなく。
楽曲的に悪くない感じがしたので8日も引き続き作業した結果ギリギリ出来上がったのが20代ラスト20分だった、という感じです。

その為か、ドラムは入ってないしシンセも無し。滅多に使わないオーボエやバスーンなんかも入ってます。
そこら辺の音の乗せ方はFF7辺りの体験からくるものがあります。おおう寧ろ10代だ。

もっと音を粒々で作ろうとも考えてましたが、バイオリンのレガートは気持ち良いもので、ついつい音を伸ばしてしまった結果がこれです。粒々成分は主にピアノとマリンバに名残があります。
コード進行も、一部あーでもないこーでもないと試行錯誤して今の状態に。ナチュラル感と浮遊感、安定感と違和感をもっと良い塩梅に出せるようになりたいです。

20代最後の曲。全部の要素を詰め込めばそれが集大成かというとそれもまた1理はあるけれど、多分の今回のように「これまでの経験やスキルを問わず、今やりたいことをやってボソッとネットで公開する」というスタイルで作るということもまた自分の集大成と思います。10代の頃よりも我が道でやれた気がします。

個人的にネットでの公開は、安定感とかブランド力とかの維持なんて気にせず、微妙なものから公開しまくるというスタンス。いや自分自身は公開する直前は「俺最強!」と思ってる訳だけど。要はその後「ちょっと落ち着けよ」というブレーキをかけない。
そういうのは商業なり同人なりで「作品」としてデザインするときだけでいいかなと。

こうやってネット上には私の黒歴史が次々生産されていくわけです。
でも過去作品を改めて見て黒歴史だと思わないのもちょっとショックを受けるものです。「うわ、この頃の方が面白いもの作ってるじゃん」というのは堪える。

だらだら書きましたが、30代もまあ縛らずに自由ににやっていこうと思います。同時に勉強量も練習量も増やしたいと思ってます。


誕生日プレゼントは新しい香立てを買いました。今までは竹を半分に割ったようなやつを使ってましたが、憧れのボックスタイプを買ってみました。
見栄えはいいです。部屋のアクセントが増えました。
ただ香を挿す穴が真横を向いてて、香を挿すと底に当たります。こんなもんなのかなと思って使ってみたら途中で火が消えた。
即席の支えをこしらえて斜め上に立つようにしましたが、ここらへんの設計の緩さはなんとも言えませんね。

旧香立ては主に風呂で使ってます。